成層圏上部(地上約20〜40km)にあるオゾン層は、波長280〜320nmの有害紫外線(UV-B)を吸収して、地球の生命を保護しています。 CFC(クロロフルオロカーボン)中の塩素等がこの成層圏オゾン量を低下させることが指摘され、1970年代後半から問題視されるようになりました。
 CFC、HCFC(ハイドロクロロフルオロカーボン)等は大気中に放出されると拡散しますが、化学変化(分解)しにくいため、対流圏(地表〜地上約10km程度)ではほとんど分解されずに成層圏に達します。 成層圏では太陽光に含まれる紫外線が酸素をオゾンに変えオゾン層を作っています。成層圏に達したCFC/HCFC等が紫外線により分解(光分解)されて塩素原子を放出すると、塩素原子は分解触媒となり連鎖的にオゾンを酸素に変化させます。 その結果オゾン層中のオゾン量が減り、地表に到達する有害紫外線の量が増加し、皮膚ガンや白内障の発生率が上昇する可能性があるほか、生態系にも重大な影響をもたらすおそれがあります。
 
 日本を含む先進国は1995年末CFC等の生産を全廃しました。
 尚、CFC等は温室効果ガスでもあるため、CFC等の排出減は地球温暖化防止にも役立ってるといわれます。


All Rights Reserved,Copyright(C)2001-2016 Japan Fluorocarbon Manufacturers Association