フルオロカーボンに関する法律について

 
  • フルオロカーボンは、CFC/HCFCが「オゾン層保護法」(「特定物質の規制等によるオゾン層の保護に関する法律」)、HFCの一部が「地球温暖化対策推進法」(「地球温暖化対策の推進に関する法律」)の対象となります。

  • 冷凍・空調機器に冷媒として使用されているフルオロカーボン(高圧ガス)の取扱いは、「高圧ガス保安法」に従って下さい。また、「家電リサイクル法」(「特定家庭用機器再商品化法」)、「自動車リサイクル法」(使用済自動車の再資源化等に関する法律)の対象になります。 業務用冷凍空調機器の冷媒、断熱材、ダストブロアー等として使用されるフルオロカーボンが、「フロン排出抑制法」(「フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律」)の対象となります。

  • 物質により「化学物質管理法又はPRTR法」(「特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律」)の対象となるものがあります。
     

 

(他に、「港則法」、「航空法」、「船舶安全法」などが適用されます。
適用される法律は、製品によって異なりますので、各製品のMSDS
(データベースに掲載)で確認して下さい。)

 
 
  • 平成10年5月に成立し、平成13年4月より施行されています。
  • 法の対象製品は家庭用エアコン、テレビ、電気冷蔵庫、電気洗濯機です。
  • 家庭用エアコンおよび電気冷蔵庫に使用されている冷媒ガスについては回収して、再利用または破壊することが義務付けられています。
  • 本法の詳細は経済産業省ホームページで見ることが出来ます。

    家電リサイクル法について(METI/経済産業省)
 

 

  • 平成14年7月に成立し平成15年1月より施行されています。
  • 対象は使用済自動車で、廃棄処理の際カーエアコンに入っている冷媒ガスを回収し、大気に放出してはいけないと定められています。
  • 詳細は経済産業省ホームページで見ることが出来ます。

    自動車リサイクル法(METI/経済産業省)
    から自動車リサイクル法へ 

 

 
  • 平成25年6月に成立し、平成27年4月より施行されています。
  • 改正前のフロン回収・破壊法の対象は、フルオロカーボンを使用した業務用冷凍・空調機器で、これら製品の廃棄時に冷媒ガスを回収し、再利用または破壊することが義務付けられていました。
  • 改正されたフロン排出防止法では、業務用冷凍・空調機器のみならず、断熱材、ダストブロアー等も対象となり、フルオロカーボンをみだりに放出してはならない規程や罰則も織り込まれています。
  • 本法では、ガス製造業者等、機器製造業者等、機器の管理者(ユーザー等)、充填回収業者、再生破壊業者にそれぞれ取り組むべき事項が定められています。
  • 詳細は、経済産業省/環境省のホームページをご覧下さい。

経済産業省 http://www.meti.go.jp/policy/chemical_management/ozone/index.html

環境省 http://www.env.go.jp/earth/ozone/cfc/law/index.html


All Rights Reserved,Copyright(C)2001-2015 Japan Fluorocarbon Manufacturers Association